□ピピッピピッピピッ□


キーに触れたい指なのに
なぜか意固地になってしまいます


馬鹿みたいに真っ直線だったころが懐かしくって
なぜか居心地悪く感じてしまいます


ある日を境に
さながら混沌の思考と行動が
円を真っ二つに切ったみたいに背を向けあって
本音が定まらないのです


あの自信に憧れるにもかかわらず
錯覚かどうか・・・微かな不遜の色を感じるとき
その危なっかしさについ恐ろしくなるのです


動いてはいけない時に動けば治りかけの傷口が開いてしまう
そんなことなど怖れもしないところが
らしいとも思えるけれど


きっと・・・人の力の及ばぬもの畏れる心は
なくさないほうがよい
わたしのアラームはそう言って
静かに鳴り続けているのです


そうは思わない
人の怖れるところへぶつかり通り抜けてみせる
・・・そんな君の声が聞こえてきそうだけれど