□命暦□


ほんのり頬を染めるような思い
愛を謳うよろこびなら絵にもなろう


求めるよりも与え
乞うよりも尽くす構えなら物語も映えよう


夢に生き やがて希望を叶えてゆく人は
自らの幸いに透かして

 
縁に添い 誰かに安らぎを分けてゆく人なら
なんと尊いことかと倣いたく


東より出でて西に沈む太陽の道であった
西へと沈んで東に出ずる月の道であった


遠い日のわたしは笑ってた
ここがあの道の続きであればいい


泣いて生まれ笑って還る人の道であった
笑って還り泣いて生まれる人の道であった


遠い日のわたしを覚えているか
ここがあの道のままであればいい